Aktuelle Seminare und Vorträge

Weiterbildung zum Humorberater (HCDA) für Pädagogen und Erzieher in Kindergärten/ Schulen

Weiterbildung zum Humorberater (HCDA) Clownworkshop: Wir begeben uns auf eine ungewöhnliche,...

Inhalte der vier Bände: Grundlehrgang, Aufbauband, Improvisation und Technik, Weihnachtslieder mit...

Spielen Sie Ihr Leben auf den Tasten!

Kontakt

Haben Sie Fragen?

07622/671690

Rufen Sie einfach an.

Japan

Vortrag und Musik mit Liedern und Kompositionen
von Dr. Karl-Heinz Bomberg und Erika J. Kunz

Termine
Cafe Mitokiya bei Kyoto am 21.5.16 um 19.30 Uhr
Tempel Kakogawa am  22.5.16 um 14.00 Uhr
Frauenuniversität Kyoto am 26.5.16 um 12.00 Uhr

Mehr Bilder hier

VORTRAG
„VERBORGENE WUNDEN.“ Spätfolgen politischer Traumatisierung und ihre Heilungsmöglichkeiten.
Ich, Karl-Heinz Bomberg, Dr. med.,  arbeite als Arzt, Psychoanalytiker und Liedermacher mit den gesundheitlichen Spätfolgen politischer Traumatisierung aus der ehemaligen DDR. Der Mauerfall geschah vor 25 Jahren. Erstmals ist ein Buch über die Auswirkungen politischer Verfolgung auf die Familien und den Nachkommen der Opfer veröffentlicht worden, worüber ich im Besonderen sprechen möchte.

Grund genug gibt es jedenfalls, über diese Themen aufzuklären, denn bei genauerer Betrachtung ist die Folter in vielen Ländern alltäglich. Opfer sind vor allem Mitglieder religiöser Gruppen und oppositioneller politischer Bewegungen. Laut Amnesty International wird in 141 von 194 Ländern  gefoltert. Menschenrechte werden auf diese Weise flächendeckend ignoriert. Diese Tatsache ist und bleibt ein Albtraum für die Menschheit. Ist es nicht besser,  gemeinsam etwas zu tun für eine bessere Welt, denn die Auswirkungen sind unermesslich?
Eigene Diktaturerfahrung sensibilisiert für aktuelle Menschenrechtsverletzungen. Heilungsmöglichkeiten auf psychoanalytischer Basis werden dargestellt, und wie die Erfahrungen von damals für heutige politische Traumatisierungen genutzt werden können.
Weiter werden verschiedene Therapieformen vorgestellt, insbesondere die von Erika Kunz entwickelte Inhärenz-Methode®, die zu einem erträglicheren Leben nach allem Leid führen kann.

Die Übersetzung des Inhaltes:

『内因的な痛みとそのつらさ』
     政治的トラウマの経過とその治療の可能性
 
私、カールハインツ・ボムベルグは、医 師・心理学者、そして歌詞作成者として、当時の旧東ドイツ人の政治的トラウマに対する健康への影響の経過について調査、対応をしてきました。東西ドイツを 分断していたベルリンの壁は25年前に無くなりました。しかし、当時に政治的弾圧を受けていた人たちの後遺症とそのような人たちの家族や子孫への影響につ いて調査、研究し、その結果を本にして出版しました。今日、特にお話ししたいことはその本の内容についてなのです。
 
 いずれにせ よ、 こ のテーマを深く解明する理由はたくさんあると考えます。その理由は多くの国々て毎日のように行われている拷問についてその影響を詳細に考察することが必要 だと考えるからです。そのような被害者はいろいろな宗教関係の一員であったり、あるいは政治的に対立している人達であったりします。アムネスティ・イン ターナショナルの報告書によると、調査対象の194カ国のうちの141カ国の中で拷問が行われているということです。このような行為により“人権“はほと んどの場合でも無視されているといっても過言ではないのです。つまり、このような現実は、“人権“という見地から理解するとまさに永遠な悪夢なのです。そ のためには私たちが一丸となって一緒によい世界を作るために何かをすべきであることを認識することが大切ではないでしょうか。そして、その影響は簡単には 計り得ない結果をもたらしえるのです。
 
過去における独裁者による非人間的な行為の影響が現在の人権蹂躙問題提起への誘導ともなって居るのです。その結果として、そのような傷ついた人の心を心理的に治療することの結果を演繹することにより、現在みられている政治的トラウマ症に適用可能かを模索しているのです。
 その一つの可能性として、とくにクンツ・エリカ女史が研究して来られた"内在性治療“(インハレンツ・メソッド)を取り上げてみました。この方法により、今までひたすら耐えながら生きてきた人生にたいして、今までの苦悩を乗り越えることができると考えているのです。
   ****************************************
Dr. Karl-Heinz Bomberg,  心身症治療医・心理分析者、歌詞作成者。ベルリンに診療所を持ち、心理分析・心理療法研究会(APB)の講師、多くの講演会・メディア出演を世界各地で行っている。
Erika Kunz, 音楽と劇による教育家。ショップフハイムとベルリンで指導。   
 „ インハレンツ・メソッド(InhärenzMethode)の創立者として各地講演し、またDr.Michael Titzeと共に築き上げたユーモアによるセラピー先駆者。多くの研究成果の公表、講演会で活躍。子供から大人まで使えるピアノ教室の本も2冊出版され た。